Pocket

今、人生100年「働き方改革の時代」 と言われます。

政治・経済・社会・技術の激しい変化[注1])及び「働く個人」の多様性・価値観の変化により、「働き方」の改革が求められています。(「雇用制度の見直し」、「テレワーク」、「副業・兼業」(以下、「副業」([注2])といいます)の促進。

そこで当サイトは、「働く個人」の「働き方」を「契約形態」から比較整理し、どのような「働き方」が今、人生100年時代の「働く個人」の『キャリア自律』に必要となるのかを検討提案していくこととします。

[注1]マクロ外部環境(PEST)変化例:「新しい資本主義、SDGs・ESG、コロナ禍、DX」

[注2]副業の契約形態は、『雇用契約(有期)』、『業務委託契約』があります。次節以降において、  どの契約形態が好ましいかを検討提案致します。尚、副業は企業(職種)によっては禁止されています(各企業の就業規則によります)。~解禁されている場合であっても「働く個人」は、副業を行う場合、副業規程(「機密保持」「競合避止」等)を遵守する義務を負います。また自ら「本業・副業の業務量、進捗状況、費やす時間、健康状態」を管理する必要があります。また、副業を行い、年間20 万円を超える副収入がある場合は、企業による年末調整ではなく、個人による確定申告が必要です。

一方、使用者側は労働者の「労働時間管理(就労管理)」「安全・健康確保」その他義務を負います。

   以上、「働く個人」が副業を開始する場合には、検討・確認すべき事項が多数あります。次節より詳しく述べていきます。

Pocket