契約に関するメール・FAXでのご相談、初回無料!

「契約自由の原則」と「強行規定」

民法上の優先順位は以下のとおり、と解説しました。
「強行規定」>「当事者の意思表示」>「慣習」>「任意規定」
商法を加えた場合は、
「商法の強行規定」>「民法の強行規定」>「当事者の意思」>「商法の任意規定」>「商慣習」>「慣習」>「民法の任意規定」

これを「契約自由の原則」といい、「強行規定」に反しない限り、「当事者の意思表示」が「任意規定」に優先適用されます。

では、 「強行規定」とは何でしょうか?以下のサイトの(1)「強行法規」とは?をご参照ください。

契約の相談室/契約サポート/契約とは>「契約」と【契約自由の原則】について:>  (1)「強行法規」とは?

お気軽にどうぞ! TEL 090-9329-9037 受付時間:9~18時

PAGETOP
Copyright © 行政書士アーク総合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.